スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ

ヨガとヒプノセラピー

ヨガとヒプノセラピー

今回でほぼ一年回を重ねてきました


チャクラヒーリングのセッションヨガ

主催側ですがこんなにお得で出来る機会中々ないと思います


両方体験、体感出来てすごく良いと思います


ヒプノセラピー

右脳を使います

受けててとてもそう感じます



ヨガはどちらかというと客観的、受動的、俯瞰的で感受性の心も見つつ身体、思考、今を見ています

現実的なんですね合理的な感じ結構厳しい



ヒプノセラピーのセッションは創造性妄想アートな世界

ライオン

サーカスのライオン



サーカスのライオンは


サーカスのライオンになりたかったのか?



なりたくて



そこに居て




サーカスをしているのか?




させられているのか?



殺されそうなのか?

それしかもう術がないのか?


他を知らないのか?



選択肢さえ分からないのか

大人になるとほんとうの事を言ってくれる人は少ない

大人になるとほんとうの事を言ってくれる人は少ない

アクセスバーズ®︎2回目を受けました。

ちょうど一年前、、、色々あったなー
引越しして、転職して、といってもヨガ講師はさせて頂いておりますヨガは生活そのものだから仕事だけじゃない

1回目は脳、体がスッキリして、体重は減った訳じゃなくて体の重み身体感覚が全く変わった別人の体のようだった

今回は、思考。枠組み、概念、とっぱらい!!!!雷みたいな(実際は触れるか、触れてないか位の接触、やさしい)衝撃で表現するならばエネルギー厚く硬い頑丈な壁がガラガラ、ガタガタ、ドシャーン!!、、、って崩れる感じでした。表現が大げさですが刺激的でした概念が覆ったということを言いたかった

本当に本当の事を言ってくれる大人って少ないと思いう。子供はストレートに本当の事をグサッとくることも言う。まわりくどくない。素直。大人になると、気遣いや建前や、お世辞が入って本当の事を言わなくなる。怒られる事も無いし、嫌な事や、自分にとって相手にとって都合の良く無い事は言わない。
そうして、本音や本当の付き合いが出来なくなる。

私は相手が気遣うのは疲れるだろうから、自分はなるべく気遣わない様にしていた。そうすれば、相手も気遣わなくて済むだろうから、と。でも、それは冷たい、だとか、空気読めない、だとか、ヒドイ、と思われる事もあったかもしれない。
いや、無かったかもしれない。

分からないが、私はそのつもりでいたけど、周りはそうじゃ無いのかなと何と無く気付き  気遣いを憶えた。