2016年9月21日水曜日

食のこと

食べることは生きること。
朝食。ベーキングパウダーを使わず、卵、小麦粉、砂糖のみで作りました。卵はこの前、主人の実家近くの養鶏場へ行った時のもの。砂糖は三温糖。卵白をふんわり角が立つまで混ぜるとふんわりなります (๑˃̵ᴗ˂̵)و


今日は食の事。
父が糖尿病になった事をきっかけに人は何故病気になるのか?食べ物と体と心、生き方って何だろう??と、思い始めたのが食に対する関心の始まりでした。
以降、たまたま手に取った自然療法の本に衝撃を受けて、現代の栄養学を根底から覆す、社会認知や常識、西洋医学とは異なる見解に驚きとワクワクするような興味が湧き起こったのでした。
日本ってアメリカ、中国、他海外からの輸入がとても多く、食の自給率は確か37〜39パーセント、40パーセントを切るぐらいですよね。海外の添加物の規制数も他国と比べてとても緩い。1000以上の添加物がOK、という状況なのだそうです。海外では害になるからダメ。アレルギーやアトピーや病気の原因も添加物や公害、不自然なものを体内に取り込んでいるから結果として体外へ出そうとする反応。病気というより、自然な反応なんです。
一概に添加物や公害のみで病になるだけではなく心身の影響もそれはあるでしょうし、遺伝的な面もあります。もともと寒さ暑さに強い人や、弱い人。血管が強い弱い。先天的なものもあって体質もあります。
私は幼少期から皮膚が弱かったです。いつでもどこかに吹き出物が出来て、皮膚科に行って薬を貰って塗っていました。妹は無かったかな。姉の私だけ。子供の頃だとお尻とか、思春期は手、脚とか。今も痕が残ってます。ステロイドも使ったし、きれいに2〜3日もすれば消えてしまう。精神的にも、一応女の子だから消えてよかった、と一旦は落ち着くのだけれど、結局塗らないとまた出る。その繰り返し。中学三年の頃に喉に腫れものが出来て、卵LLサイズ位のもの!友達に首が曲がってるよ??と言われて、鏡で見に行ったら、ボコっと首が腫れている。何も痛くないから、病院で診て貰って即、入院、手術。切開。
私の首にはその時の切った痕があります。感覚無いの。
それは、後々になって、あぁ、ステロイドが溜まってそこに隆起、蓄積されたのだろうな、と思いました。
不自然だから、体内処理できない。
もしくは強すぎてキツすぎて体に物凄く負担だから、とりあえずそこに溜まってしまった。首は副腎ホルモン、甲状腺があって、老廃物も溜まる部分。
チェルノブイリ事件から、その時子供だった人が大人になってから甲状腺の病になってる、機能低下が言われていますよね。人間の作り出したものって自然物じゃないから、処理出来ない。人間も自然の一部ですからね、機械じゃない。
なるべく添加物、公害のものは摂らないようにと思っていますが、この社会で生きている以上、難しいもの。知っているか知らないかも重要だし、ある程度毒物を摂ることで排出力を鍛える事にもなるから、たまにジャンクなものも食べます。試験的に試す。きれい過ぎると体は弱くなるとも思ってます。
無菌体質はあまり良くないと。
あらゆる菌でも毒でも耐性が必要だから、悪い物も少し取り入れて、それを習慣化にさせない心掛けが大事だと思っています。

不食の人がいますけれど、否定するつもりもないですし、自然エネルギーでも、人はそれ程食べないでも生きていけるのだろうな、とも思っているから、特に気にしませんが、漢字が嫌ですね(笑)食って、人を良くする、って書きますよね。食べる事は人を良くするんですよ!それに不、が付くのが、ちょっと違和感(笑)
ダイエットとかだと、食べるのが悪みたいになって嘔吐して、食べて、過食拒食、摂食障害になったりしてしまいますよね。体と心がバラバラで体は生きたいのに、その為に食べたいのに、頭や心が拒否するから自己がバラバラになってしまう。心の病気だとも思います。
一時期、動物愛護団体の映像を見まくっていて、牛や豚や鳥の殺害映像を見ていて、とてもお肉は食べれない、、、同じ生命なのに、酷い、人って何て業が大きいんだ、、、人間何ていなくなればいいのに、そうしたら、地球も自然も守られるのに。と思って、料理も調理も出来なくなってしまいました。
そうすると、定食屋さんや何気ないチラシの広告、TVのCM、あらゆるところで当たり前の様に動物がたくさん食べられていて、殺されていて、生きて行くのがとても辛くなりました。どんどん人間が自分が嫌いになる。主人や家族や、大切な人たちとも距離を感じて、独りぼっちになったような気がしました。これは、いかんな、と思い、人間は業が深くて、生命は死を持って生をもたらす、生命を奪い(何かしらの形で)受け渡し、明け渡し、譲り与え生きて行くものなのだ、生きてゆくのは辛く、何かを背負い生きてゆくのだ、と厳しい変な覚悟の元、食事を元に戻しました。
ジャイナ教や宗教で出家した人たちは托鉢で家々を回り、食べる物を托鉢に分けて貰い、生き方を説く、という事をしていた様に頂いた物は有難く頂く。自分の食べたい物、選んだ物ではなくて、頂いた物を感謝して頂く。
それは食べる行為によって、精神性、生きることに対する姿勢、人生の向きあい方でもあります。
断食も本来、ダイエットでなくて、精神的な面で行うもの。足を知る、です。
その托鉢には、現在は主に金銭となっていますが授受、やりとりによって渡す方は喜捨と言いますが、喜んで他に譲る、傲慢さ、我欲を捨てる、欲しがる事自体が貧しい心なんですよ、という教えを身を以て学ぶ行為です。


色々な流れから、オーガニックに関心を持つようになり、少しの期間働かせて頂いて、日本のオーガニックを学びました。日本社会では無農薬は1パーセントにも満たない!!!!
これが欧米になると確か20〜30、40パーセント程。とにかく日本より断然多い!
日本は、ほぼ農薬が使われています。無農薬栽培にも関心があるし、農業も学んでいきたいな、と思ってます。もちろん本業はヨガだから、自家栽培程度になるでしょうが(笑)自分で作った野菜、食べてみたいな。それで料理したいな。もてなしたいな♡
私の小さな夢です。





合掌






2016年9月7日水曜日

山へ登って来ました

今年は山に登ってます。
今まで山より断然海派!!で、あまり関心がなかったけれど、仲間が登山をしていて、話を聞いてる内に、次第に、どうなんだろう、おもしろそうだな、まずは試しに登ってみよう!とこの夏は、富士山&甲斐駒ヶ岳というメジャーな山に登頂しました。



ヨガやらないで、登山ばかりしてない??と言われそうですが、登山も広い意味ではヨガです。
体の動かし方や呼吸の仕方、心のモチベーション、扱い方、使い方、ヨガ哲学とも言われる、ヨガの考え方(八支則、沖ヨガだと十支則)が活かされ、精神、身体、呼吸と三密を観てゆく工程はまさにヨガです。
山を登っていると、人生に例えられる様で、ここまで登ってきたのに、まだ登るの??とか、あと、どのぐらい登れば頂上にたどり着くの??と、よく現代人に多いかな、と思うのですが、推し量ってしまったり、答えをすぐ求めてしまう。心の計らいや、先の事への気苦労があると心が疲れちゃう、精神的ダメージになる。
冷静に客観的になって、ただ、登る。
ひたすら一歩一歩、登る。
着実に今の一歩に意識、集中をする。
それを淡々と行って行けば、山は逃げないし(噴火や最悪の天候等にならない限り)確実に辿り着けます。あとは、体調だったり、自分次第。
過去にもとらわれず、未来にもとらわれない。
まさに、今を観る、これぞヨガ。これって冥想でもありますよね。



山へ行く程、ヨガ行者が修業に何故山へ行っていたのかも感じられるし、俗世と離れて、森の中、自然の中に身を置くと自己探求しやすいし、あらゆる俗世のものから解放されます。シンプルになる。
ほぼほぼ、要らないものが多い。不要な物事で悩んでたりして。捨てちゃうとか、忘れちゃうとかすればいい。もしくはその対象への捉え方の変容。
山からの景色を眺めていると、悩みがとってもちっぽけだな、と感じるし、人間ってとても小さな生き物。自然の、地球の生命体の一部、ひとつ。



携帯もSNSも無きゃないでいいし、贅沢なものなんて無くてもいい。コンビニで調達したインスタントラーメンやベーコンが極上の美味しさになって、ホテル級並みの味になる。南アルプスの天然水が絶えず流れていて、いつもお世話になっている水だから、体にも馴染んでるのだけど、主人はそれで麓の南アルプス天然水で作られたウィスキーで割って飲んでいましたけど、とても幸せそうでした笑。
すごく特別な時間で、時間も空間も、全てが何もかも特別になる✨物の価値なんてあってないようなもの。




写真をいくつか載せます。






山で食べるご飯っていつもの何倍も美味しい!!それって、食材というよりかは、どこで、誰と食べるか、の方が重要なのかも。自然の中、親しい仲間と食べるから美味しいんですよね〜(  ´ ▽ ` )♪





これ、私です。笑
動画もあるけど、載せられないから写真で。キツかった〜!!(つД`)ノ
でも、それ以上に楽しい!
ルートは岩場に赤ペンキか何かでざっくり矢じるしが書いてあるだけで分からなかったのだけれど、上級者コースだったみたい笑。ハハ♡
ちょっと途中、まじでヤバイ?Σ(゚д゚lll)ってところとかもあって。
岩肌を、空を隣合わせに登りつつ、後ろを見ればがけっぷち!!
見ない見ない、みたいな、笑。
メンタル、鍛えられましたよ〜。
風もビュ〜ビュ〜!!吹いてて、この手を離したら...みたいな笑。
でもそれさえも楽しんで微笑んでる私って、ちょっとおかしいなって自分でも思いました。人間ってそうやって進化を遂げて何かを越える事を求める生命体なんでしょうね。本能的なものが引き出されます。
体の使い方はヨガや武術から学んできたものや、ボルダリング、子供の頃にアスレチックや木登りで遊びながら体を養なってきた事がここで発揮されました。
とにかく無事に帰って来れてよかったです。



摩利支天を望む。

キャンプ場。
天候は台風を免れました。星が垣間見れて美しかったな。



一緒に行った山岳部チーム、リーダー、ペースメーカー、新参者の私、今回様々な障壁を乗り越えて、山を楽しめたのも皆んなのおかげです!!!


感謝御礼!!



合掌





2016年9月4日日曜日

郷に入っては郷に従え

住めば都。


最近、泣いたり、笑ったり。
環境も自分も変化して、よく感情が動く。


手相も見てもらったり、あ〜なるほど、と当てはまるところも感じて感慨深く今までの腑に落ちなかったところがストンと落ちた。



社会、会社に入って何十人、100人以上の方々、お客様側に至っては1000人、それ以上の方々と接した来たけれど
考え方であったり感受性はそれぞれ違って物の価値観や意識の違いもある中で
ひとつのボタンの掛け違いかな?とか
優しさの表現方法の違いであったり
相手に求めることや求められこと
応えること、応え方の相違が
時に悲しい結果や憎しみや憎悪に変わるのを只立ち尽くす様に見ていた
傍観者のような自分がいました。



私自身、変にプライドが高く、陸上競技でインターハイや国体へ行った自負からものの偏見、とまでは行かないにしても理想を追い求めすぎたり、
夢みがちな無謀さ、無防備さを持っていたり上手くバランスが取れない自分が居ました。
それを他人や周りの環境のせいにもしたりして、本当は自分の物の見方を変えなければならなかった。


ヨガやアクセスバーズ(以前のブログhttp://yogabodyheart.blogspot.jp/2016/05/blog-post.html?m=1)
スピリチュアルや、仏教関連、禅の世界をちらっと垣間見る内に、あぁ、自分は小さかったな、染まりやすく流されやすい私はすぐ自分を見失ってしまう、そう思っては、泥の中でも綺麗に咲く蓮に何気付かされ、教えられるているかの様でした。
泥さえも汚い、と見ているのは、自分の心。
目に見えるものは只、実在、存在するだけ。事実があるだけ。
それをどう見るかは、自分次第。
こんなにも地球は美しくて、こんなにも素晴らしい世界を見えなくしているのは心です。
曇ってしまっている心を磨いて、垢を取れば、こんなに世界は変わる。



行動の前に、心の在り方を変えれば
すべては変わって見える、そんな事に実感を持って気付きました。


だから、涙が出ました。変なものの見方をしていた自分が恥ずかしかったし、どこへ行ってもそこでの環境を、人を、つながりを大切に生きている人達がいるのに自分に合わないからといって、何てトコなの??と思ってしまっていたり。
もう、恥を知れ!!!と。


それは周りの環境であったり、社会の中での自分の居場所に迷った時、人生の中で身を持って学ばせてくれた大切な価値観、基準の変化でした。



時間の流れと共に周りの居場所を探そうとしてゆくのではなくて、与えられた環境で自分は何を学び、
その事でどう意識や考え方や発想を変えてゆくのか。
何を目指し、何をしたくて、この世に生を受けたのか。
答えは初めから用意されている訳ではないから、真実も事実も自分で創るものだから。
楽しみつつ、向き合って行きたいなー、思う今日、この頃。



合掌










2016年9月1日木曜日

夏休み日記②

今年の夏はリオオリンピックでしたよね!大白熱!大興奮!!TVの前で泣いたり叫んだり(笑)夜更かししたりして。皆さんもそのように過ごされた方も多いのではないでしょうか?


夏休み日記、引き続き。この夏は山に海に満喫しました。初登頂の富士山。
御来光がとてもきれいで美しく、雲海はこの世のものとは思えない程、圧巻!言葉に出来ません。




Beautiful world..✨
What a wonderful world!!


富士、山頂付近。
写真より実際はもっと美しい。高山病が懸念されましたが、ヨガの呼吸法が活かされ、無事登頂出来ました。今回の登頂は、案内〜計画〜準備迄、全てK様にお任せ!!すみません、、m(_ _)m
K様のおかげで素晴らしい富士登頂でした!!感謝!!
こっちにも少しだけ書いてます。→http://yogabodyheart.blogspot.jp/2016/08/blog-post_9.html?m=1




箱根へ行ってきました。伊勢で会ったゲストハウスでお手伝いをしていたSharon💓

再会して来ました。
富士山、麓を一周〜♪



明るくて元気で可愛い♪台湾から日本へワーキングホリデイで来ていて、日本語も英語もペラペラでとても上手!独学で学んでいて、彼女には脱帽、尊敬します。とても魅力的♡

忍野八海へ行きました。


ナラヤカフェという箱根のカフェにも♪




ギャラリーもあってイイ感じです♪

ひょうたん型の最中がオススメらしいのだけど普通にラテ。。。また次回!!☆


足湯もあるの!!♡


箱根ゲストハウス、TENT。
とても雰囲気の良い、居心地が良く、リラックス出来る空間、演出、インテリアで、のんび〜り過ごせました。スタッフさんも素敵♪ピザも美味しくて、ギター弾いたり(友達が、私は弾けない..)、高校生の頃みたく、お腹抱えて久しぶりに大爆笑して、おかしかった(笑)
神奈川は自然も都会もあって、どちらもある中間な場所、それが魅力でもあって、箱根は自然がとても溢れる場所。日頃の汚れ、心の垢も取れる場所に感じていて、温泉も大好きなので、たまに癒されに行っていました。
伊勢へ行ってからというもの、ゲストハウスの出逢いや空間好きだなーと、また行きたいです♪(o^—^)ノ




海へも行って来ました。



何故、傘。。。?
理由はというと、海水浴ではなくて、毎年恒例になりつつある砂浴へ行って参りました。
写真は砂浜の上で日除けして休憩していて、実際は砂の中に顔だけ出して埋まるんです。砂浴とは、公害や体内に溜め込んだ、不要な薬品、食事に含まれる添加物や農薬、女性だと化粧品、香水などあらゆる人間が作り出した身体への毒素、体内ではもはや処理し切れないものを砂に埋まる事によって解毒、浄化、処理する自然療法です。
こちらをご覧ください。身の毛もよだつ身体への環境汚染、それによる病気の原因、砂浴の効果が書かれています。こちらが分かりやすかったので載させていただきます。→
http://www.geocities.jp/tbcby865/haisetsuno-kagaku/Sunayoku_detokkusu/Shizen_ryouhou.htm




東城百合子先生、自然療法の本を読み、講演会でお話を聞いて料理教室へも行きました。私は一回、妹は修了!昨年、砂浴を初めてやってみて効果を感じたので今年もやりました。
今年は夫も一緒に、念願の砂浴です。
合宿やリトリート的に行い料金が発生するのもある様ですが、自前で事足りるかな?と、昨年教えて頂いた記憶を頼りに今年も実行しました。まだ背中がヒリヒリ日焼けして、熱かゆい!でも肌はさらさら、腕も脚も軽いです。2時間近く砂に埋まっていて、自然と地球の中に埋まって一体となっている、、、海の波の音が聴こえて...スヤスヤ気持ち良く眠っていました。
去年はどうにもこうにも肌がむず痒くて、ずっと砂の中に居られませんでした、出たり入ったり。まだ体内に毒素溜め込んでいて不健康だったんですね。今年は砂の中がもう気持ち良くって、まだまだ入っていたいぐらいでした。出た後も浄化、デトックスは続くので海水には入れず、シャワーを浴びて帰宅しました。主人は元々、解毒作用や排出力が強いようで特に何ら苦しい様子もなく、心地良さそ〜に埋まっておりました。
私は、子供の頃から肌が弱く、吹き出物や湿疹、水膨れが出て、薬を塗ったりステロイドの強いものを使ったりしていたけど、それって見た目や表面には出なくなっているだけで体内には残ってる。副作用となって結局はまた出てくる。ずっとその繰り返し。。。
根本の内臓に溜め込んだ毒素(人間が作り出した浄化出来ない、不自然な物、薬品、農薬、添加物、環境汚染の原因となるもの、石油など)が体内から出したいから吹き出物になって出てくる。それを薬で抑えたところで根本解決はしません。それも自然の作用なんですよね。出しちゃった方がいい。
自然の力で私達の身体も濾過されて、不自然から、自然に還ってゆく。
抗わず、成す術も無く、ただ自然に身を任せる、委ねるのみ。。。( ̄ー ̄)
自然の偉大さを感じます。 




ここ最近の夏は、私にとって、浄化、節目、終わりと始まりの時期。
いつも頭の中で流れる曲、生きものの音、森のしずく。
定番から、新鮮へ。
流れるように季節も自身も移ろいゆく。




合掌









夏休み日記①

夏休みいかがお過ごしでしたか?


大人になると、中々長期のお休みは取りづらいもの。私もロングバケーションとはいかないものの色々遊びに行きました。ヨガして、富士山行って、海行って。大人になって、遊ぶって良いですよね♪意味も複合的になって、遊び方も色々。
ただ、楽しむ、段階からもう一つ超えて、仕事も楽しむ。
ヨガやお仕事に関して言えば、仕事とプライベートとをきっちり分けていません。仕事もプライベートも生き方そのものが人生と直結しています。仕事は責任を伴いますし、いわゆるただの遊びとか、テキトーでは決してあり得ません。貴重な時間とお金を頂戴していますし、すべき事、やるべき事、自分が知り得る限り出来得る限りを全力でやっています。そしてそれゆえに楽しい♪
7月下旬〜8月末に掛けてイベントが満載、満喫な夏で、たくさんの方々と会いました。ブログに書きたかったけれど、あまりに日にちが短期間的に、スパスパ!進むので、後で書こう、、と気付けば今日になりました。宿題提出な今日です。笑



8月上旬のパークヨガ。
外ヨガは気持ち良くって、風も心地よいし、初開催だったのだけれど、男性の方が多くご参加して下さって。嬉しい限り♪男性もヨガオススメですよ〜。現代社会の競争社会ではヨガいいですよ、フィジカル、メンタル共に最適化じゃないかしら、と個人的には感じています。



写真を一部。
臨港パーク。広くて、芝が気持ちいい。

ペアヨガ♪



各種ポーズ、ペアヨガ、呼吸法、くつろぎ等行いました。
ある程度、内容やプログラムは考えていますが、ご参加して下さった方に適わせて進めています。練習、トレーニングも一緒に今回、企画主催をした、ゆっちゃんとみっちり行って本番を迎えましたが、その場で生まれるもの、臨機応変に、そういった事を大切にしたいなー、と常々思っていて、こんな自由なところを理解をしてくれている心の広いゆっちゃんに感謝です(o^—^)ノありがとう!!




長谷寺へも行きました。
昨年も、前々年位〜だったかな?細かくは思い出せないけれど、長谷観音様へご祈願をさせて頂いてから、道が拓けて来たので、そんな経緯から、節目毎に御礼参り、御祈願参りに行っています。

今回、おみくじ大吉でした。
それで良いですよ〜、と言って貰えているようで、ここ三年間は何者かわからない私のような人間を周りの方々に支えて頂き、経験も実績も何も無い者が人様の前に立って、実践しながら失敗したり、チャンスや機会を与えて貰いながら、ヨガ講師としてヨチヨチ、赤子の様な状態で沢山経験させて頂きました。生活もあるので、短期だったりアルバイトもしながら、ヨガもしつつ、同時に日本の食やオーガニック、幼児教育、児童体育にも関心があったので、二足の草鞋を履くどころじゃ済まず、5〜6足の草鞋を履きながら、がむしゃらに這って進んで来ました。ヨガってオシャレなイメージがあるかもしれないですけど、私の場合は全然そんな感じじゃないです(笑)
理論や暗記だけでは身に付かないですし、活かされないのは当然で、実感、体感、経験、現場を生で感じたかったから、この三年間はとても良い経験をさせて頂きました。OJT、On the Job Training〜実際に働きながら研修する〜まさにそのような期間だったのかもしれません。感謝の言葉を述べたら語り尽くせませんが、中でも主人と脇田さんご夫妻は、人生の恩人。今の自分が居るのも、在るのも!走馬灯の様に三年間のあらゆる感情が押し寄せて来て涙が止まらなくなってしまって...迷惑を掛け続けて、それでも諦めずに、捨てずに(泣笑)寄り添ってくれている主人が隣でそっと黙って見守ってくれていて、嬉しかった。おみくじの内容も驚いたのですが、鳳凰〜とか、天へ〜、とか、そんな内容でした(笑)これからが自分でもとても楽しみ!

なごみ地蔵(*´︶`*)






子ども体操教室やヨガクラスの継続が難しい事から、先月を最後に終わりのクラスもあり、初めから続けて来て下さる方も居らっしゃる中、閉鎖になるのはとても心苦しく、申し訳なかったのですが、クラスをしていく中でまだまだ未熟さを感じる部分、至らない所が見えてきて、これはもっともっと何か変容しなくては、と思うようになりました。今年に入ってから学校へ通い、より道を深めよう、そこから学び得た事をクラスで皆様にお伝えしよう、私なりに咀嚼した考えとして形に出来れば、、、と。
そのままでももちろん出来る事はある、それとは違って変わらなきゃならない自分も感じていて、苦渋の、もしくは自然なのかもしれない、そんな決断でした。
今迄ずっと通って下さった皆様、本当にありがとうございました!!
たくさんの感謝と、これからの皆さまの健やかさ、そして平和を祈ります。
ヨガは続けて参りますので、またどこかでお会いしましょう!(o^—^)ノ
イベントとして活動を予定しておりますので、どうぞ今後共よろしくお願いいたします!!



Shanti,Shanti,Shanti.