スキップしてメイン コンテンツに移動

〜ヨガとヒプノセラピー、中間試験、研修〜

ここ数日、一日一日がイベント続きでした。ブログず〜〜〜っと書きたかったけれど、暇もなくヽ(´o`;
やっと言葉化、文章化出来ます。落ち着かないんですよね、書かないと。何だかただ過ぎ去ってっちゃうだけで私一人で完結してゆく、みたいな。
そんな事はさて置き。



ヨガとヒプノセラピーのイベントしました。
初めてのコラボでどうなる事やら、私自身、主催側でしたがワクワクしちゃって、
当日はヨガの座学をサッと行い、リラックスをして頂きたかったので呼吸法、アサナとヒーリング重視のヨガを行いました。
いつも来て下さってるヨガクラスの方々もご参加して下さり、また違ったヨガで色々感じたところもあるんじゃないかな、と思います。
各クラス毎に、参加者に合わせた内容で行っているので、色というか一味違うといか、少し新鮮だったかもしれません。どちらかというとそちらでは元気になるヨガを中心にやっていますからね。
ヨガは目的によって、様々に手法は変えています。ゴールは一緒♪




ヒプノセラピーは私自身がそのワールドにすんなり入って、一応サポートとして...とは思っていたのですが、普段、ヨガのくつろぎや冥想等しているので潜在意識状態にはすぐ入りやすく、自分でも不思議だったのですが、眠りに落ちてしまった方のお声掛けですとか、室内の気温の(エアコンの音量が気になった)調整ですとか、ご参加者の状態確認も含めて、全て同時進行でセラピーを受けていました。言葉の誘導によって、脳内にイメージが映像のように出てくるのですけど、それはまるで夢を見ているかのようで、意識がある中で夢を見ているみたい。そしてそれは、無意識的にストーリーとして進んでゆく。空を飛びたい!ここをこうしたい!というのは出来なくて、まるで映画を観ているよう。脳内に映し出されて投影されている訳です。人間の脳とは機能的に計り知れないモノを持っていて私達が意識出来るところはたったの10パーセント程。あとは無意識の世界です。そんな無意識と意識の狭間から、自分というものを見て、知って、語り掛けてゆく作業のようなものだと感じました。これはあくまで私の感想です(^^)目には見えない世界ですから、人それぞれかと思います。夢もそうですよね♪現象ってあやふやなんです。




ここでは内容については詳しく書けませんので、セラピーワークのスキルをここで細かく記す訳にも行かずあくまで、感想にとどめておきます。
ひとつ、はっきりしたのは、私がしたかった事、なりたかったもの、理想とする姿、しなければならない、して行きたい事はこんな事だったのか〜〜〜!!!!!と、気付きました。だから、とてもスッキリ。分かったから、それに向かって走ればいいだけ。人って、あれなのかな?これかな?どれなのかな??って悩んで迷ってる時が一番疲れる。けど、こうしたくてこんな事がやりたくて、それだったらこれをしてゆけばいいんだー!!って自分自身で気付けば前へ進める。自分で自分のしたい事に気付けなければ、いつまで経っても同んなじところをぐるぐる、ぐるぐる回り続ける。
くっきり、ハッキリと見えたから、今後はそれに向けて一歩ずつ歩んでゆくだけ。そしてその答えは分かりやすい位シンプルで簡単だった。でもその当たり前のような答えって中々、どうして不要な物々に埋もれて見えなくなるのよね。社会の目やプライドや見栄に邪魔されるの。でもそれを外して、突っ破らって見つけなきゃね。
すごーく、だから、スコーン!と、突き抜ける位、すっきりしました。
そして確信したのは、ヨガとヒプノは相性が良いという事。ヒプノセラピーも始め座学をして下さって丁寧にご説明して頂き、私もまだ無知であるので、とても勉強になったのと、ヨガの座学の授業でも学んだ内容でしたので今後も学び続けなきゃな、と思いました。人間、体、脳、心、、、よく研究されていてヨガもヒプノも人生に活きていきます。
第一回が終了しましたが、第二回目も開催予定ですので、ご興味ある方は是非次回、ご参加下さいね♪



セラピストの由美子さん♡〜hypno therapy〜
分かりやすいボードでのご説明。
どうもありがとうございます♡^^

多くの方々にご参加頂き、二部屋開放しました。皆様の、何か今後に活かして頂ければな、と思います♪




2日目。
翌日は中間試験でした。
今ヨガの勉強で、どちらかと言うといわゆる本当に勉強、座学中心、頭を使う方のお勉強をしているのですが、テスト勉強は昔から短期集中型でバ〜〜っ!!と必要とする、山を分かりやすくまとめて一気に覚えます。あまり真似しちゃダメですよ(笑)体で覚えること、頭の引き出しも上手に出せるようになれば、特に変に無駄に勉強し過ぎなくても良い、という勉強方法です。法則、筋道、軸、ベースを覚えてしまえばあとは応用編。
無事に試験が終了して、点数こそ分かりませんが、ひとまずホッとしています。今はまだどこの何の資格かは控えさせて頂きますが、一通り済みましたらご報告させて頂きますね。何にせよ、ヨガの、人の、身体、心に役立つ、よりヨガの道を深め歩んでいる道すがらです(ت)♪
毎回、課題、宿題提出があって、ヒーヒー言いながら(言ってないけど笑。気持ちはそんな感じです)そんな状況も楽しみつつ、そういうのも好きなんですよね、学んだ分だけ、ヨガクラスでお返し出来るので、実際のクラスで活かせるのが楽しいですし、嬉しいですね、だから学んでいます。
これまでに出会えた方のお身体の変化やお気持ちの変化、昨日より今日、今日より明日、そんな心持ちでヨガクラスにご参加してくださっているのを(私が勝手に)感じているのですが、ご感想のメール等頂いた時はとても嬉しいです。クラス後に感想おっしゃって頂いたり、特に先生だから、話し掛けづらい、というのも私が嫌なので、何でも話してくださいね〜というオーラを出してはいるつもりです(笑)雰囲気で伝わるかしら??と。




私自身ヨガで人生の節目を迎えて、そう感じて、ヨガと関わる事自体、人とのつながりや人生での大切な出会い、その方のきっかけになるかもしれない、という想いというか、そんなものがいつも根底にあるので、ただの健康体操とは違うという認識でいます。
人間が拓かれる体験や体感を知っています。
私も勉強になるので、ご質問やご感想は大歓迎です。私一人の体験は結局は私だけのものですから、誰かの体験を聞く事で気付く事は必ずあります。
今年の後半はまた課題や提出物に追われる年末年始になりそうです。学生時代まともに勉強した事なかったから埋め合わせですかね(笑)でも、とても楽しい♪



3日目。
とある社長の研修を受けてきました。朝早くから一日かけて夜まで!!
ヨガってどうも、ヨガはヨガしている人だけのもの、って感じがしてて、スポーツとやっぱり違いますよね。流行に乗って今じゃヨガ人口も増えましたけど、何となくイメージ的なものも誤解があったり、いまいち理解されていなかったりする感じが否めません。
ポーズ出来るようになるのが、ヨガじゃありません!!!!
体、心、呼吸を一つにする。つなぐ、結ぶ、統一する、、、簡単に言うところの定義はこうなりますが、もっと深いです。
ヨガは4000、5000年〜前から行われていて人間の叡智が詰まっておりますけれども、温故知新、古きを知って新しきを知る、過去の先人達の教えはとても偉大です。
思うのは、伝統を学び、古の稽え(かんがえ)を自身で身体を通して、体験として体感として学んだら、これを現代に生きる私達に合わせて実践してゆく事だと思います。
私達の細胞や遺伝子に記憶され、組み込まれている、この自然のいのちを感じ、守り、大切にしてゆく事と同時に環境は変わり続け、それに適応し、変化を続ける人間は、当たり前ですが、当時のそれとは違います。
必要なことは今を生きる私達がいかように生きてゆくかであって、昔の歴史書に頭も骨も身体も埋(うず)めて、そこで生きてゆく事ではありません。
私達はこの時代に生き、この社会と環境によって、今の体や心が成り立っています。
昔の人と、今の人の感受性が違うように、その時々で体も心も違う訳です。
確かに昔の人に学ぶ事はとても重要な事でもありますが、私達は私達で生きる術を見つけてゆく事が何よりとても大切であると思います。でなけば、今を生きる意味がありません。
そんな根本のような、精神性、私の意志みたいなものから、ヨガの伝統や古き教え、智慧と同時に、現代の医療や科学技術、経済社会との統合、貢献、つながりを考えます。どちらも両極端ですが、私達は過去と未来の狭間を時代という流れの中にただ生きていて、今を感じているだけです。


簡単に言うと、頭でっかちにならずに柔軟にいきていきたいな、と思います。
とある社長の話に戻って、とても柔軟な考えをお持ちで終始飽きさせず、10時間位の研修が一瞬に感じました。(大げさかしら?でも凄かったの。)ところどころにヨガを感じさせるトークもあり、ヨガをされているようではなかったのですが、何か突き詰めてしている方は自然と生き方がヨガになるのかな、と感じました。
今、流行りの遊びを通したワークだとか、シェアリングだとか、グループディスカッションだとか、以前は苦手でしたけど、楽しめている自分がいました。
ヨガに出逢うまで色々な仕事をして沢山会社を見てきたけれど、こんな会社はなかった!!という位、衝撃的な位、あかるくて、元気で活き活きしている会社でした。こんな会社が増えれば日本も元気になるだろうなーなんてボケっと平和な事考えていました。
社長の伝記の本とかは好きでサービス業に関心があったので数冊読んできたけれど、実際にお会いするとビシビシ伝わってくるので何でもそうですが、ピン!と来たら、会うに越した事はないですね。失礼ながら、あまり存じ上げませんでしたが有名な社長の様で、その日TV取材が来て研修風景を撮影されていました。放送の関係でどこのTV局かは伏せておられましたけど。
映るのかしら??ま、良いですが♪





そんな3日間。
この後、小田急ロマンスカーでロマンを感じ(アルコールは飲まないから麦芽コーヒーですが、何か??)帰路に着き、翌日は富士山頂を目指して、出発。。
明け方の物凄い雷雨の音を聞きながら。。。続く。







このブログの人気の投稿

大好きなおじいちゃん

おじちゃんが亡くなりました。 御歳94歳。大往生。 ずっとおじいちゃん子で子供の頃から、畑仕事を手伝ったり(手伝うと言っても小学生で鎌を洗ったり、おじいちゃんの作業を見てたりしただけ。)ゲートボールやったり、これも練習してるのを横で見てました。ゲートボールのステッキ?あれは何て言うのかしら?触らして貰ったりして結構難しいのですよね、ゲートボール。 思い出がいっぱい。 いつも笑顔で文句一つ言わず、優しく微笑んでるおじいちゃん。 話すのが大好きで近所に言っても人気者で皆んなと仲良くたのしくおしゃべりしていました。 盛り上げ上手で唄と踊りが得意。面白いのは、おひねりを貰ったり、温泉とか行くとファンがいるらしく??女性陣におひねりを頂いたら、またそのおひねりをその方が歌う時に返すのだそう(笑) 何か良いですよね♪

学生の頃、部活に専念している時はほとんど話しもせず、すれ違いで、特にそれで悲しいとか寂しいとか気にもしていなかったけれど、社会人になってからよく会話する様になりました。 孫の中でも心配な存在だったのか、色々な話をしてくれた様な気がします。 仕事はどう??あやちゃん、何でも3年〜、5年、10年はやらなきゃダメ。教わったら、後は自分で研究するの。←踊りのお稽古は半年間習っただけで、あとは自分でこうしたらいいか、こうだったらいいか、と研究したのだそう。昔はこんなに恵まれていなかったから、農家の仕事をしながら、もう一つ普通に仕事をして、掛け持ちでお母さん達、兄弟を育て上げました。 母方の父、祖父なのですが、母には直接苦労した、心配させたくなかった、という想いがあるのか、孫の私に当時のお金の苦労話も聞かせてくれました。誰だれの〜、○○に頭を下げにいってお金を借りた、とか夜は百円のラーメン一杯食べるのがやっとだったとか、大変だったとか、ね。たぶん娘(母達、兄弟)は知らないんじゃないかな。孫だから、話やすかったのかもしれない。



戦争の話を聞こうか、聞いてみたい想いとは裏腹に話さないと言うことは、話したくない、ということだから決して聞くことは一度もしませんでした。 けれど2〜3年前。ポツリと戦争の話をおじいちゃんがしました。わたしは、初めて聞いた、という思いと少しびっくりしたのか、ほんのポツリ、ポツリと話すぐらいであまり記憶がありません。おじいちゃんも思い出したくなかったから、あまり印象深く話そうと思わ…

四季 12年のサイクル

皮膚疾患、不眠症、プチ鬱、未病...自然の流れの中で生きていれば、自然と快復してゆく。薬じゃなくて、自然に還る。不自然なのが問題で病の原因。もっと言うと病と一般的に言われるものも身体の智恵の治療に入る。知っている事以上に身体は賢い。生命のちから。

20才~32才迄、各季節の変わり目に、体調を崩した。

はじめは夏に入る、7月頃。謎のからだのだるさと不眠症、頭が朦朧としてめまい、吐き気が収まらない。病院で診て貰っても原因がわからない何箇所、通っても同んなじ結果だったMRI、最新機器でも生命の事は分からない未病。3年間、夏に入る頃になると、その状態が続く。

その次は秋口、9月頃。同じ様な症状。。。またか、と思いつつ、不眠症の薬、漢方薬、色々試すけれど一向に変化なし。心の病では?周りは本人は気付いてない、無意識のストレス精神的なものじゃないの、と言われ余計に気にする鬱々としていたあぁ、またこの季節が来る。。。3年間

冬に変わる頃はピークだった。最悪。忘れもしない、11月7日。毎年、三年間、その日に病院へ行っている事に気付く。「去年も、一昨年も、この日に来てますね」と医者に言われる因縁。絶対何かある。決定打だった

11月7日は、冬至と言うことを知り、そこから旧暦に関心を持つ様になり、西洋医学、現代医学では分からない東洋思想の考え方、自然と季節の流れ

破壊、創造

師走ですね。あっという間の一年でした。 今年は大きな変革の年で引越しをして、仕事も環境が変わり、お金や愛の価値観、人との向き合い方も変化しました。根っこから変わった感じ。 三年間分ぐらい丸ごとチェンジ。 ヨガで毎年毎年、変わり続けている自分を感じているけれど、今年は高速でした。 ヨガの種を蒔いて下さったユキ先生のアクセスバーズの影響もあるかな、と思います。

師走って人生の税金を払う時期ですよね。 一年間の厄払いで色々な事が起こります。。。毒出しです。 身体も浄化させようと好転反応といって一見悪いような事が表だって出る事があるけど、 それは良いことの準備であったり、悪い物を外に出して浄化し清くする為の反応、現象。 それが日常の中でも起こる。 良いことばっかりじゃないですよね、人生って。 主人はあごをケガして7針縫ったし、私はほとんど忘れてしまったけれど、めったにしない間違いとか忘れ物をして困る、だとか(?)普段からあるけど笑。いつもとちょっと違う事が起きて、あらら、みたいな。 電車が調度乗るタイミングでダイヤが乱れるとか、何でこのタイミングで起こるー?!という運命のいたずら達。 あ〜、人生の税金、毒出しかしら、と思います。


悪いようにみえる事象も人間の、自分が頭の中で作り出したもので、それを幸せとか不幸せの価値観、倫理を定めてしまっているけれど、世界は何も決めつけはしないし、破壊、創造を繰り返しています。 幼児体操をしている時は、子供たちの遊んでる姿を見ては、男の子は砂の山を壊したり、ブロックを積み上げてそれを壊すのを楽しみ、大喜びする。それを、女の子がやめて〜〜!!と、泣く。それでも男の子はキャッキャと、はしゃいでとても楽しそう。 大人がいるから、謝りなさい!!何で壊すの!と言う。誰かを傷付けたり、嫌な気持ちになっているのを気付かないのは困るけれど、それとは別に本能的に人間には壊す、という事をして、その先に新しいものを作り出す創造性が含まれているのを知っています。知らないとしても、あるのだろうと。 子供の頃は自然とそうであっても、大人になってゆくにつれて、人生は積み上げて重ねて作ってゆくものだ、と思ってしまうようになる。 生命は常に新しく身体の中でもうまれ続けていて、同時にそれは何かを壊し続けています。 全ての細胞がうまれてから、そのまま身体に維持され残り続けていたら、身体の中は沢山の細胞の死骸だらけ…