2016年1月25日月曜日

背骨、脚骨

ヨガ的、解剖学的なことをあまりブログでアップしていなかったので載せます。
ヨガをするに辺り、色々な解釈や視点があり、解剖学と現代医学と東洋思想と私の考えを含んだオリジナルのものです。
ヨガは、内観をする事でヨガでいうプラーナ、東洋思想でいう氣、生命のエネルギー、それらが呼吸と共に行う事によって整うとされています。流れがよくなり、滞りや詰まりが無くなります。
内観と言うと難しいかもしれないけれど、表面的なポーズや見た目、カタチに捉われるのではなくて、身体の内側、内蔵やお腹の状態、呼吸しているときの肺の動きや、みぞおち、さらには外側、空間、環境、何となく感じるもの、良い感じ、何となく嫌な感じ、その場の持つもの等、身体全体を通して感じるものです。



私たちの祖先の祖先の祖先...、魚類は手脚がありません。四肢がなく、背骨だけで水中を移動しています。
そこから四肢が生えてきました。両生類、哺乳類となっていきます。
背骨は生命の起源とされる、身体の中心。
背骨の中は脊髄が通り、血液も流れ、自律神経が並列して通っています。


背骨が精神とつながっている、と言われ、自律神経とチャクラも関連しているといわれます。
脳が司令塔とすれば、背骨は根幹となりパスをつなぐ重要な部分です。根幹から末端へと指示します。
リラックス系のヨガは、あおむけ、うつ伏せなど大地と根ざしてつながり、地に近い形で行うポーズが多く動物の名前のポーズが多いです。
座位のポーズ、前屈、後屈、捻り、上下の伸び縮み等あらゆる背骨の方向性、展開をしてゆきます。脚へのアプローチもしていますが、主に背骨に働きかけています。







そして、ヒトは猿人類、私達の祖先である猿から人間、ヒトへと進化します。
手を使う事によって大脳新皮質が発達して人間になった、ともいわれています。
四肢であった脚が四足から二足になり前脚から手へと変わります。
他の動物と異なる点は、人間の脚は二足であるということ。
二足の脚を使ってこそ、人間です。
ですが、二足歩行は腰に負担が掛かり、立つ事でさえ不自然さがうまれ不合理です。人間はもともと不自然な動物。
それでも人間は人間であり、立つ事を決断しました。



ヨガはその不自然さからバランスをとる為、色々なことやポーズをします。
リラックス、ほぐし、癒し、心身の関係性、ここでは身体面の視点からになりますが、背骨をまず柔軟に動かします。
その後、立位のポーズへ。
脚を使い、力強く、たくましく人間らしい、しなやかなポーズをすると良いです。
立位のポーズは、戦士のポーズ、英雄のポーズ、ダンサーなど、ポーズの名前に人間が出てきます。
段階を追ってポーズをしてゆき、自分に適わせてあたらしいポーズを取り入れてゆくこと、それは自然と求めるように、やりたくなってきます。そこに強制も強要もありません。心の準備もあります。生命や自然はゆっくりと進みます。



癒されたら、次は自分の脚で立って、力強く生きてゆく。
人間の成長と一緒のようです。
愛し癒され、自立してゆく。そうヨガは教えてくれます。







新月

今日は旧暦のお正月。


写真は満月ですけど、今日は新月です。別名、朔。朔月(さくげつ)。
月は地球からは見えません。
朔日と書いて、ついたちと読むところから、一日は、ついたちと読むようになったようです。


月の流れに沿って昔の人は生活していました。陰暦、月暦です。
http://moonary.net



私たちは月の影響を受けていて、海も引潮、満ち潮、海亀の産卵、女性は体のリズムも関係していますよね。



気持ちも不安定になったり、スッとしてたり、いつもと違う感じがするかもしれません。
私はいつも新月、満月の時はそわそわしたり、スッと水平線のように心が静かになったり、ちょっとリンクを感じています。
今回は、とても静かな感じ。
 


新月は新たなスタート。
一番今日は、地球に月が近いようですよ。昔の人は良く知っていますよね。




今日願い事をすると叶うかもしれません♪




西暦ではない、自然、季節、月と共にある新しい一年の始まりです。




合掌



2016年1月21日木曜日

浄化、再生、始まりの場所

江ノ島へ行ってきました。

何かあると海へ行きたくなってしまう。何もなくても。


からだって正直で私の場合は肌に出てきてしまいます。3〜5ヶ月、半年を越えてしまうと海へ来ないと吹き出物が出てきてしまいます。手とか、甲とか。最初の頃は疲れかな、ストレスかな、とか思ってたのですけど何か違うな?と思って、あ、これは自然を欲しているんだ、と気付きました。日常いつも通り過ごしていると分からないんですよね。同んなじサイクルで生活していると。サインなんですよね。
そう気付いてからは夫とも、そろそろです、海行きたいです、限界です、と出掛けるようになりました。
夫は山派ですけど(。-_-。)。。


富士山、きれいでした。
寒くて風がもうびゅ〜びゅ〜!!で、寒い!寒い!!それでも澄んでいるから空も空気も富士山もとてもきれいでした。



向こう側が少しピンク色に見えました。写真じゃわかりづらいですね。



茅ヶ崎が私の生まれた場所で幼稚園の頃まで住んでいて、小さい頃は毎週のように海に行っていたようですが、その記憶はなく、それでも身体は場所を憶えているようです。魚や鳥たち、動物と一緒ですね。戻り鰹とか、鮭の産卵とか、イルカとかペンギンとか、海の生物、陸の動物も元の場所へ帰ってくる。
遺伝子、細胞が記憶しているのでしょうか。自覚とは別の処で。
聞いた話だと、人間も産まれた場所を記憶しているようで仙椎が覚えていてその場所を教えてくれるようです。その産まれたところや産まれた方向を向くと反応がある、と。
産まれたところで死ぬのが本来の動物の在り方、自然な事なのかもしれません。だから恋しくもなる、懐かしくもなる。それは頭や精神や心とは違う、身体の記憶です。




江ノ電へ乗って。


今日は赤でした。赤いちゃんちゃんこ着てるみたい。
毎日誰かが替えているんですって。かわいい〜♡ほっこり(。-_-。)
珊瑚礁のカレーはアイドルタイムはやっていなかった!知らなかった〜!夕方までお食事はお預けでした。涙。


長谷寺へも行きました。
テレビの撮影をしていて金子貴俊さん、西村知美さんがいらっしゃいました。芸能人だ〜、と思いながら、おっと目的はお参りお参りと、そこは皆静か〜に流れる時間は変わらないのですね。お参りをして、昨年の感謝と御礼をお伝えしてきました。とてもお世話になったんです、長谷観音様。
ヨガの仕事と会社員のサラリーマンになるかと悩んでいたんです。もちろんヨガの会社で社員になるか、です。でもフリーでやっていく事に決めました。あ〜間違ってなかったな、本当、よかった、と年の終りにしみじみ感じて、ずっと御礼参りしたかったんです。
観音様のおみくじ。
人生での選択肢や答えはもちろん自分自身の中にありますが、そこから掘り出して、そっと、いや、力強く背中を押してくれますよ。節目を感じる方は是非♪








微笑みを大切にね。和み地蔵。



合掌